歴史・沿革

 1980  同人発足・活動開始
「コロキア」規約、発効
『コロキア』創刊号発行 ((有)三渓社)
 1981/09/01  『コロキア』第2号発行 ((有)三渓社)
 1982/09/01  『コロキア』第3号発行 ((有)三渓社)
 1983/09/01  『コロキア』第4号発行 ((有)三渓社)
 1984  『コロキア』第5号発行 (?)
 1985/09/01  『コロキア』第6号発行 ((有)にほんごの凡人社)
 1986/09/01 『コロキア』第7号発行 ((有)にほんごの凡人社)
 1987/06/01 「コロキア」規約を改定し『コロキア』同人規約と改称、『コロキア』投稿規約発効
  ISSN登録番号取得
          09/01  『コロキア』第8号発行
 1988/09/01 『コロキア』第9号発行
 1989/09/01  『コロキア』第10号発行 ((有)ハスカ工業)
 1990/09/01  『コロキア』第11号発行 ((株)エイト通商)
 1991/10/01 『コロキア』第12号発行 ((株)エイト通商)
 1992/11/28 同人研究発表会開催 (於三田331) 

麻生享志 (研究生) 「ピンチョンのノスタルジィ」、西塚淑美 (修士二年) 「シルヴィア・プラスの The Bell Jar における芸術家の肖像」、岩井茂昭 (修士二年) 「コウルリッジの有機体説 -- 歴史的考察」、瀧口達也 (修士二年) 「The Ordeal of Richard Feverel にみるメレディスの喜劇論」、鈴木英明 (修士二年) 「'The Dead' における遭遇の主題」、川北直子 (修士二年) 「日本語における語彙借用とその変化」、並川知恵 (修士二年) 「名詞変換動詞の意味とカテゴリー -- '名詞' '動詞' の関わり」、加藤恵津子 (修士二年) 「儀式の創造性 -- カトリックのミサと茶道における <規則に支配された変更> と <規則を変える変更>」
 1992/10/01 『コロキア』第13号発行 ((株)エイト通商)
  同人研究発表会開催
 1993/09/01 『コロキア』第14号発行 ((株)エイト通商)
          11/06 同人研究発表会開催 

飯田朝子 (修士一年) 「敬語表現の認知的プロセス」、その他
 1994/04 『コロキア』第15号編集委員会を組織(編集: ***、会計: 永井容子、名簿: 小川桂司)
  『コロキア』投稿規約を『コロキア』投稿規定と改称
          10/01 『コロキア』第15号発行 ((株)エイト通商)
          10/29  同人研究発表会開催 

飯田朝子 (修士二年) 「Defining Basic Level Categories: Is the Condition 'Being in the Middle' Sufficient?」、秋元孝文 (修士一年) 「無国籍作家 Paul Auster の民族観: Moon Palace を中心に」、その他
 1995/04 『コロキア』第16号編集委員会を組織(編集: 佐藤光重、会計: 秋元孝文、大串尚代、名簿: 大串尚代)
          09/28 『コロキア』第16号発行 ((株)エイト通商)
          10/28 同人研究発表会開催

秋元孝文 (修士二年) 「Battle against the Majority: Anarchism in Paul Auster's Leviathan」、大串尚代 (修士二年) 「The Rebels agaist Who? National Historical Romance and the Problem of Motherhood in Child's The Rebels (1825)」、佐藤光重 (修士二年) 「Alexandrian Distortion: Plutarch's Impact on Bradstreet」、白鳥義博 (修士一年) 「もうひとつの遺産相続劇: 『トム・ジョーンズ』と近代小説の誕生」、足立公平 (修士二年)
 1996/04 『コロキア』第17号編集委員会を組織(編集: 西田久美子、会計: 井藤千穂、白鳥義博、名簿: 宮丸祐二)
         10/01 『コロキア』第17号発行 ((株)エイト通商)
         11/02 同人研究発表会開催(於三田313)

井藤千穂 (修士二年) 「辺境の人々: Iris Murdoch の The Green Knight (1993) におけるユダヤ人と同性愛を考える」、岡田彩加 (修士二年) 「A Positivistic Bildungs Roman: George Gissing's Workers in the Dawn (1880)」、白鳥義博 (修士二年) 「フィールディングの晩年とメニッペア」、河谷千佳子 (修士一年) 「Loyalty or Disloyalty? Jane Bowles' Camp Cataract as a Domestic Novel」
 1997/04 『コロキア』第18号編集委員会を組織
(編集: 高橋勇、会計: 宮丸祐二、名簿: 宮丸祐二)
         10/01 『コロキア』第18号発行 ((株)エイト通商)
         11/01 同人研究発表会、あるいは、笑いの祭典 開催(於三田104)

飯田朝子 (慶應義塾外国語学校講師) 「Prototypes of Full-Defined Categories」、高木眞佐子 (修士二年) 「サー・トマス・マロリーとサー・ジョン・パストン」、高橋勇 (修士二年) 「騎士道を笑う−シーリーとメレディスとアーサー王文学」、宮丸祐二 (修士二年) 「二つの症候群−『ピクウィック・ペイパーズ』に見る逸脱した身体」、河谷千佳子 (修士二年) 「征服されざる他者−ジェイン・ボウルズ "A Guatemalan Idyll" を読む」、中垣恒太郎 (修士一年) 「From American Humor to Black Humor: Huck FinnCatch 22
 1998/04 『コロキア』第19号発行
         10/31 同人秋季研究発表会開催(於三田111)

浅井望 (修士二年) 「キャクストン版『アーサー王の死』の植字工についての一考察」、三原穂 (修士二年) 「Wheatley 版 Relieques の再考」、小堀明美 (修士二年) 「ローレンス・スターンにとっての旅行記−スモレットとの比較を中心に」、大和田俊之 (博士二年) 「「科学」化する「精神」−『白鯨』再評価のメカニズムに関する一考察」、多々良直弘 (修士一年) 「言語の相対性に関する一考察−助数詞と分類能力の関係とこれまでの実験の問題点」
 1999/04/07 二十周年記念号を前にコロキア同人新体制発足(具体的には以下)

・編集委員を修士課程二年生から後期博士課程学生に移管
・「『コロキア』同人規約」を改定
・「『コロキア』投稿規定」を改定
・専攻の企画による「修士論文中間発表会」および「博士論文中間発表会」の開催開始を受けて、同人による「定期研究発表会」を打ち切り
・『コロキア』第20号編集委員会を組織
(編集長: 高橋勇、財務: 大和田俊之、名簿: 宮丸祐二、その他編集委員: 加藤誉子、高木眞佐子)
          12/14 『コロキア』第20号(二十周年記念特別号)発行 (プリントショップ・エイト)
 2000/01/29 『コロキア』第20号(二十周年記念特別号)出版記念パーティ開催 (東京都港区三田某所)
          04/07 『コロキア』第21号編集委員会を組織

(編集長: 高木眞佐子、財務: 白川恵子、名簿管理: 花崎美紀、その他編集委員: 徳永聡子、宮丸祐二、加藤千晶、深瀬有希子)

・「『コロキア』同人規約」第4条を改定
・「『コロキア』投稿規定」第3条を改定
          07/06 『コロキア』同人ホームページ公開
          10/22 『コロキア』第21号発行 (プリントショップ・エイト)
 2001/04/07 『コロキア』第22号編集委員会を組織

(編集長: 加藤千晶、財務: 波戸岡景太、名簿管理: 多々良 直弘、Web担当: 宮丸祐二、その他編集委員: 深瀬有希子、須藤真季、中川千帆)
          10/22 『コロキア』第22号発行 (高橋プリント)
 2002/04 『コロキア』第23号編集委員会を組織
          10/22 『コロキア』第23号発行
 2003/04 『コロキア』第24号編集委員会を組織
          11/23 『コロキア』第24号発行
 2004/04 『コロキア』第25号編集委員会を組織

(編集長:永野文香、財務:中野涼子、名簿管理:David R. Hathaway、Web担当:谷みゆき、辻秀雄、その他編集委員:範玉東)
          10/25 『コロキア』第25号発行(高橋プリント)
 2005/04 『コロキア』第26号編集委員会を組織

(編集長:谷みゆき、財務:範玉東、八木橋宏勇、名簿管理・Web担当:辻秀雄、その他編集委員:有光道生、上田敦子、小竹直、西川賢哉)
          10/31 『コロキア』第26号発行(高橋プリント)
 2006/04 『コロキア』第27号編集委員会を組織

(編集長・Web担当:小竹直、財務:八木橋宏勇、名簿管理:西川賢哉、その他編集委員:有光道生、上田敦子、原島貴子、池田早苗、小川真理、高橋三和子、冨田佳子、山本伍紀)
          10/31 『コロキア』第27号発行(高橋プリント)
 2007/04 『コロキア』第28号編集委員会を組織(

編集長:池田早苗、財務:高橋三和子、冨田佳子、名簿管理:山本伍紀、Web担当:小川真理、その他編集委員:北村一真、籏野智紀、横山章子)
          10/31 『コロキア』第28号発行(プリントショップエイト)
 2008/04 『コロキア』第29号編集委員会を組織

(編集長:籏野智紀、財務:横山章子、富山寛之、名簿管理・Web担当:北村一真、その他編集委員:加藤有佳織、信夫理乃、土屋裕美、松井一馬、山根亮一)
          10/31 『コロキア』第29号発行(プリントショップエイト)
 2009/04 『コロキア』第30号編集委員会を組織

(編集長:富山寛之、財務:土屋裕美、名簿管理:松井一馬、Web担当:信夫理乃、その他編集委員:加藤有佳織、山根亮一、吉川正人)
          11/23 『コロキア』第30号発行(プリントショップエイト)
 2010/04 『コロキア』第31号編集委員会を組織

(編集長:吉川正人、財務:菅野磨美、Web担当・名簿管理:中村文紀)
          11/1 『コロキア』第31号発行
 2011/04 『コロキア』第32号編集委員会を組織

(編集長:中村文紀、財務:工藤義信、財務アドバイザー:菅野磨美、名簿管理:濱田啓志、Web担当:伊澤宜仁、その他編集委員:上野良子、遠藤容代、濟藤葵)
          11/4 『コロキア』第32号発行
 2012/04 『コロキア』第33号編集委員会を組織

(編集長:濱田啓志、編集長補佐:石川大智、財務:堀美里、財務アドバイザー:工藤義信、名簿管理:倉科真季、Web担当:趙泰昊、その他編集委員:伊澤宜仁、上野良子、遠藤容代、濟藤葵)
         11/8 『コロキア』第33号発行
 2013/04 『コロキア』第34号編集委員会を組織

(編集長:倉科真季、財務:緋田亮、財務アドバイザー:堀美里、名簿管理:水貝吉宏、Web担当:田ノ口正悟、その他編集委員:ゴステヴァ・ミュドミラ、石川大智、趙泰昊、志賀俊介)
          11/1 『コロキア』第34号発行
 2014/04 『コロキア』第35号編集委員会を組織

(編集長:田ノ口正悟、財務:緋田亮、財務アドバイザー:堀美里、名簿管理:志賀俊介、Web担当:小泉由美子、その他編集委員;ゴステヴァ・ミュドミラ、大島範子、永嶋友、細野香里)
         12/20 『コロキア』第35号発行
 2015/04 『コロキア』第36号編集委員会を組織

(編集長:細野香里、財務:大島範子、名簿管理:永嶋友、Web担当:小泉由美子、その他編集員:堀内ふみ野、穐元美咲、杉山ゆき、松村祐香里、守重真雄)
         11/18 『コロキア』第36号発行
 2016/04 『コロキア』第37号編集委員会を組織


 (編集長:杉山ゆき、財務:松村祐香里、名簿管理:守重真雄、Web担当:穐元美咲、その他編集委員:池邉遥香、内田大貴、冨塚亮平、長井薫、新居達也)

        11/15   『コロキア』第37号発行
 2017/04 『コロキア』第38号編集委員会を組織


 (編集長:内田大貴、財務:冨塚亮平、名簿管理・Web担当:新居達也、その他編集委員:池邉遥香、久保田裕紀、泉類尚貴、長井薫)

    11/30 『コロキア』第38号発行
 2018/04 『コロキア』第39号編集委員会を組織

(編集長:泉類尚貴、財務:久保田裕紀、名簿管理:近野幹結、Web担当:五所万実、その他編集委員:長井薫)